TOP トライアスロン情報 >トライアスロンのはじまり




トライアスロンのはじまり

1974年頃から、フィットネスやランニングブームとともに、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ・ノースカウティを中心に盛んに行われるようになりました。
このころは、スイム・バイク・ランの順番は特に決まっていませんでした。その後、海軍中佐ジョン・コリンズ*が、「ワイキキ・ラフウォータースイム」「オアフ島1周バイクレース」「ホノルルマラソン」を一気に行うレースを提案。それも、かなり酒を飲んで酔った席で議論になったということです。
こうして、現在の「アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ」(ハワイ)が1978年にはじまりました。

「アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ(ハワイ))は、現在世界各国で予選レースを勝ち抜いた約2,000人のアスリートが参加していますが、第1回大会はなんとわずか15人の参加者しかいませんでした。
1978年から1982年は、毎年2月にオアフ島で開催されていましたが、交通事情などの問題もあり、1982年10月から舞台をハワイ島カイルア・コナに移し、現在に至っています。

アイアンマンのストーリーを語るにはあまりにも有名なシーン。
それは1982年、ジュリー・モス選手が女子トップでコナの町まで帰ってきたものの、ゴール寸前で何度か倒れ、最後は這いながらゴールしたシーン。ゴールまであと1mのところで後続選手に追い抜かれ2位に甘んじたが、最後まであきらめないその劇的なシーンが世界中にテレビ放映され、大きな感動を呼びました。
そして、「完走した全てのアスリートが勝者になれなれるスポーツ」という他のスポーツには無い魅力が取り上げられ、トライアスロンは急激に世界中に広がりを見せました。

*1998年アイアンマン20周年記念大会で、ジョン・コリンズに初めてお会いしました。 髪は白髪でしたが背筋がピンと伸びた方でした。彼はレース前に、「See You On The QueenK(ランニングコースのクイーンKで会いましょう)!」というメッセージを私にくれました。もし、彼の提案が無かったら、アイアンマンだけでなく今日のトライアスロンは全て無かったかもしれないと思うと、彼に感謝するとともに、トライアスリートにとって運命の人と出会えた思いで感激しました。 (ナチュラルエナジー代表:長田達也)


オムロン株式会社株式会社堀場製作所ヴァーム小林製薬株式会社CW-X株式会社イシダアクア淀屋橋法律事務所姫野法律事務所
| 個人情報保護ポリシー | 特定商取引に基づく表記 | 会社概要 | お問合せ |
Copyright© 2010 Natural Energy,Inc. All Rights Reserved
ナチュラルエナジー/トップページ